引っ越し屋

アメリカではあまり引越し屋っていうのはメジャーじゃなくてなんでもDIYのアメリカンはトラックレンタルして友達かき集めて自分達で引っ越しちゃいます。トラックレンタルも全国チェーンで何社かあるのです。

しかしながらエレベーターのないアパート住まいの都会っ子の私は引越しはもっぱら引越し屋にお任せ、シカゴで3回引越ししましたが2回は簡易引越し屋を雇いました。初めて引越しをしたときは自分達でやっちゃいました。あまりにも直前に引越しが決まったのでトラックはレントできない・・・最悪の引越しでした。

簡易引越し屋さんは物を動かすのが得意な引越し屋さん。しかも見積もりはメール又は電話。前回と同じ引越し屋さんを使ったので、去年と同じぐらいと連絡。ここでちゃんと正確にどれだけあるかを伝えると見積もりがちゃんとしたものになるのでかなり重要かと思います。

日にちを連絡して、あとはおおよその時間を教えてくれます。今回はあえて最後のスロットを選択したので最大で3時間ほど遅れるとのこと。その日の状況次第だそうです。

家具などはリクエストに応じて保護はしてくれます。今回はベッドのマットレスとラブシートをラッピング依頼しました。まず、汚れから保護とそれから南京虫という大敵からの保護もあります。最近シカゴでも南京虫の被害が増えているそうで不特定多数のものを運ぶ引越し系は要注意です。ラッピングは保護パッドの上からサランラップの親分みたいなものでぐるぐる巻きにします。

IkeaのようなPress woodの家具は保障がないので要注意です。

この引越し屋さん早い。早い。なんせ早い。今回トータルで3時間、途中休憩もしない。しかも一日中引越しして疲れているはずなのにだ。
私達がやったら1日かかる仕事です。まず、箱。箱は何箱か積み上げてベルトで縛り、背中にバックパックのように背負い持ち運びます。一箱づつ運ぶ普通の人間とは全然違う。一見雑なようですが、箱のなかのお皿は一枚も割れていなかったし、家具も無傷に近かった。自分達で引越しした方がダメージが大きいような気がする。箱詰めは頼んだのだがあまり上手に詰まってなかったのだ。私ならもっときっちりつめるのだが、しょうがない。まあ、箱詰めなんて中身が壊れてなかったらいいのさ。

すごかったのが新居への搬入。引越しした時間は先週の木曜日。あの嵐の中でした。
A君がいたのですが僕手伝った方がいい?と聞くので(彼は超アメリカ男なのです。)、私はすかさず、いや、邪魔にならないところで立っていてといいました。

一階なので裏口付近の大きな窓(上下にスライドする窓です)のパネルをすべてはずし、トラックからそのまま窓から搬入。これが吉とでました。まずあの土砂降りの雨の中だったので物がぬれなかった、早く引越しが終わったのでした。この引越し方法を目撃したA君、唖然と眺めておりました。簡易引越し屋さんはこういう人にお勧め。

  • ある程度自分達で仕事をする人
  • ピアノがない。
  • 高い家具(特にアンティーク)がない。(保険や技術などの関係上アンティーク家具など高級家具などはそれ専門にしている人にお任せするのが良いでしょう。)
  • 高いものは自分達で動かせる人
  • 細かいことは気にしない人。

引越し業者
作業代(3人分) 111ドルX2時間=222ドル
ラッピング代 5ドルX2=10ドル
運搬料金(30分) 55ドル
287ドルでした。それにチップを20%ほど。

仮に自分達ですると
トラックレンタルが1日約100ドル、保険+ガソリン代、それから友人へのお礼ディナー&ビールと筋肉痛。結局自分達でするより実は安かったりする。しかも友達は最近年を取ってきて腰が、とか肩がな~んて言い始めているので頼むのは緊急事態のみと考えている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.