間取りよ、間取り。

お家探してます。とういか税金が払えないので日本語で言うマンション探し。(英語のmansionは豪邸なので・・・無理です。私の探している地域の近くは数億します。)

アメリカで気が付いたこと。

不動産広告に間取りが付いていないことが多い。写真からこんな感じだろうな~と想像しなければならない。現地に行って間取りが変!ってことも多々あり。ありえない場所にバスルーム付いてたり。無駄足だよね。
写真はプロが撮ったものが多く、出来すぎていることが多い。行ってがっかり。
条件にあった物件が見つかったら行くしかない。めげずに行く。

よく聞かれたのは総面積。総面積を気にする人が多いみたい。私は間取りがしっかりしていれば小さくても大丈夫だと考える。総面積が小さければ値段の交渉の種にするぐらい。

リビングが必ずしも南ではない。リビングルームは一番景色が良いところにある。だから北向きリビング南にキチンなんてのもあった。ベッドルームとリビングは入れ替えられる可能性が高いがキッチンは配管上集合住宅ではちょっと難しい。

キチンは狭く同じ面積なら細長い方が正方形よりも効率的。正方形だと真ん中にどうしようもないデットスペースが生まれる。大きければアイランドを作ればいいが、小さいと何もできない。

ほとんどが中古市場なのですが、値段が市場価値からかけ離れている。(本気で売る気があるのだろうか?)

家を見せてもらうのだが住人がまだ住んでいるのを見せてもらうのだが・・・お掃除がしてない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.